備えあれば憂いなし!


MERSの脅威が報道される中、今日は「渡航歴有の患者さんが熱発で来院した」という設定で、
シミュレーションが行われました。
新型インフルエンザも、想定しています。

これは、当院のBCP(事業継続計画)策定検討委員会の主催です。
感染管理認定の看護師長からの説明から始まり、そしてシミュレーションです。

まず、患者さん(患者役は腎センター師長)が受付と問診。

この時、熱発2週間以内に韓国にいらっしゃった、ということが判明します。

さぁここからが、チームワーク。

感染管理認定看護師や、保健所、担当医師へ連絡、1F職員は全員マスクをします。感染防止の為の部屋も確保。
患者さんを移動させ、診察します。
全てが終わった後、レビューを行いました。

先月のシミュレーションでは、シミュレーションの翌日に、韓国渡航暦のある熱発患者さんが、まさかの来院。
幸いにも感冒という診断でしたが、事前準備の大切さを実感しています。

備えあれば憂いなし!です。


にほんブログ村に参加中です!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


看護 ブログランキングへ

カテゴリー: ナースブログ, 学ぶナース | 備えあれば憂いなし! はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ