脳神経外科
外来担当医表

脳神経外科では脳卒中慢性期の再発予防や脳疾患が疑われる方のスクリーニング等の外来診療を主に行っています。
特に予防医学としての脳ドックには力を入れており、ただ病気の診断をするのみならず現在異常を認めない方であっても将来脳卒中を起こす危険性の高い方には脳卒中危険因子を含めた総合的な生活指導もさせていただいております。
検査、治療が必要な方は随時入院していただくことも可能です。
また、疾患別に他院専門医の紹介も行ってまいります。

脳卒中(脳梗塞、脳出血等)予備軍とは?
脳卒中の危険因子には高血圧・高脂血症・糖尿病・高尿酸血症・肥満・喫煙・大量飲酒・運動不足などがあげられます。
特に肥満と高血圧・高脂血症・糖尿病を合併した場合は内臓脂肪症候群(メタボリックシンド ローム)と呼ばれ、動脈硬化性病変(脳卒中、心筋梗塞等)の発症率が非常に高くなります。
動脈硬化は脳卒中を引き起こす重要な原因とされており、脳卒中を予防するためには危険因子となる生活習慣病を治療し、食生活などの生活習慣を改善することが重要です。
また、現在メタボリックシンドロームに当てはまると思われる方は、無症状であったとしても軽度の病変が見つかる可能性があります。
このページのトップへ

 

脳ドックセンター長 姜 裕
かん ゆう
医学博士
日本救急医学会専門医
日本脳神経外科学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
身体障害者福祉法第15条第1項指定医師
(肢体不自由)
趣味 読書、散歩、鉄道
患者さんへ一言 気軽にお越し下さい
脳神経外科部長 森田 恭生
もりた やすお
日本脳神経外科学会専門医
趣味 睡眠
患者さんへ一言 患者さんに真摯に向きあってゆきたいと思います

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ