外科 / 消化器外科 / 腫瘍外科 / 肛門外科
●創傷ケア

当院外科は、大阪市立大学医学部附属病院消化器外科・乳腺内分泌外科(腫瘍外科学、第1外科)の関連病院であり、一般外科・消化器外科を行っております。当院は日本外科学会指定施設でもあり、取り扱う疾患は、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がん、胆道がん、食道がんなどの悪性疾患や胆石、虫垂炎、腸閉塞などの良性消化器疾患、乳がんや良性の乳腺疾患、甲状腺疾患、鼠径ヘルニア、肛門疾患などの外科疾患全般としております。
主にがん疾患は、各種ガイドラインに基づき治療方針を決定しております。胃がんや大腸がんにつきましては、腹腔鏡下手術も積極的に施行しております。胆石は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を原則とし、消化管穿孔や急性虫垂炎などの急性腹症、鼠径ヘルニアに対しても、主に腹腔鏡下手術を施行しております。
当院は、日本がん治療認定医機構認定研修施設であり、外来化学療法室では消化器癌や乳がんの切除不能例、再発例や術後補助療法などを医師・看護師・薬剤師が協力し、患者さんに安定した適切な抗がん剤治療を外来にて受けていただくことができます。
また、当院は二次救急指定病院であり、時間外や夜間に病状が変化された患者さんにも緊急治療や入院の対応が可能となっております。

このページのトップへ

 

1. 大阪市立大学第1外科(腫瘍外科)との密接な協力体制のもと、消化器癌、乳癌、甲状腺癌に対する治療を大学病院と同じレベルで行ないます。
2. 胆嚢炎、虫垂炎などの急に発症する腹部疾患については24時間いつでも対応しております。また、胆石症、痔疾患、ヘルニアなどの良性疾患に対する手術も行っております。
3. 女性外科医師が勤務しており、女性の方も気軽に診察・治療を受けていただけます。また、女性スタッフだけの乳腺外来も行なっております。
4. 外来には、消化器関連のあらゆる症状に対応できるよう外科・内科の区別なく、お腹に関する悩みに何でもお答えします。
5. 救急センターが常時稼動しており、通院の患者さん、初診の患者さんを問わず、夜間や休日の急な体調不良にも24時間診療・入院・手術などが可能です。

日本の死亡原因の第1位は悪性腫瘍です。多くの悪性腫瘍、特に消化器癌の治療で根治(完全治癒)を目指すには手術で確実に切除することが何より大切となります。しかし、癌の発生場所や進行度によっては治療法が少しずつ違ってきます。消化器癌で最も多い胃癌、大腸癌の治療法は、全国的にほぼ統一されており、手術方法も長い年月にわたって大きく変わることなく、ごく一部の早期癌や進行癌を除けば、病院間の治療成績に大差はありません。しかし、食道癌や膵臓癌は胃癌、大腸癌に比べて患者数も少なく、手術手技は複雑であるため、施設間での治療成績に差がでます。またこれらの癌は、放射線照射などの併用治療を必要することが多く、設備のそろった病院の方が患者さんにとっては便利で恩恵も多いと言えるでしょう。そこで当院では、患者さんの病状を正確に判断し、当院で治療を受けることと、他の施設で治療を受けることのどちらが患者さんにとって有益かを判断します。その結果、当院で治療を受けても患者様に不利益がないと判断されれば十分なインフォームドコンセント(説明と同意)のもとで、責任をもって治療させていただきます。また、他の施設で治療を受ける方が多くの利点を有すると判断されればふさわしい病院をご紹介させていただきます。最近は情報化社会と言われるように、専門的な情報も簡単に入手できる時代となっております。しかし、その情報がどれだけ正しいのかを判断するには結局専門的な知識が必要となります。当院では、患者さんの病状に合った最適な治療や診療情報を正しく提供することで安心して受診していただけるよう心がけております。

また、当院では、フットワークの良さ、丁寧さ、親しみやすさにも自身をもっています。外来では無理のない患者数の予約診察を行い、1人当たりの診察時間をできる限り確保し、待ち時間を少しでも減らすように努力しております。通院患者さんが体調不良の場合は、外来診察日に関係なく時間の許す限り、主治医が通院患者さんの診察をするようにしています。また入院が必要な場合でも、不慣れな他の病院へ紹介することなく当院で入院することができます。定期的な抗癌剤治療や連日の抗生物質投与が必要な患者さんには、相談に応じて家事や仕事などに配慮した時間での治療を行なっております。入院日・手術日・退院日などもできる限り患者さんの希望にかなうよう工夫しております。病院の規模がそれほど大きくなく、病院のスタッフともすぐに顔見知りとなるので「アットホームで居心地の良い療養環境である」との評価を多数いただいております。誰もが順調な経過で病気が治るとは限りません。当院では治療中だけでなく、治療後についても安心してまかせていただけるような万全の体制でのぞんでおります。

消化器癌 胃癌・大腸癌 進行度に応じて内視鏡による切除、腹腔鏡下手術、開腹手術を行います。また、外来での抗癌剤治療にも積極的に取り組んでおり、毎日、外来で抗癌剤治療を受けている患者さんがいらっしゃいます。当院で始めから治療している患者さんはもちろんのこと、他の病院で手術などの治療を受けられた患者さんでも、通院の便利さから当院で抗癌剤治療を行なっている患者さんが多数いらっしゃいます。
肝臓癌 肝臓内科医、放射線科医との連携により病状に合わせた治療を行ないます。局所治療(エタノール注入療法、マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法)から血管塞栓治療、外科的切除まで行っております。広範囲の肝臓の切除が必要な場合や高度先進医療を必要とする場合は専門病院へご紹介しております。
膵臓癌、胆嚢癌、胆管癌 これらの癌は、手術ができない進行した段階で発見されることが多く、今なお治癒率の低い消化器癌です。だからこそ、病状を正しく判断し、最もふさわしい治療法を選択することが大切になってきます。比較的早期の段階で発見され、多くの臓器や血管を一緒に切除する必要がない場合や手術中に放射線照射を加える必要がない場合は当院で手術しております。しかし、血管の移植など大がかりな手術が予想される場合や、放射線照射が必要な場合は、専門病院へご紹介しております。またこれらの癌は、黄疸を初発症状とすることが多く、黄疸の状態では手術などの治療ができません。そこで黄疸の治療をすみやかに行いながら、時間的無駄が生じないように並行して病状把握をし、ふさわしい治療法を考えます。
食道癌 病状や希望に合わせて、大学病院から専門の医師に来てもらって当院で手術を行なう場合と専門病院へご紹介する場合があります。食道癌は放射線治療がよく効く病気の一つであるため、放射線治療施設までの外来通院ができない患者さんは当院に入院しながら通院していただくこと(または、送迎すること)も可能です。
乳癌 当院では、乳癌学会の治療指針に準拠した治療法を行っています。他の施設と同様に乳房温存手術の割合は年々増加しているものの、当院では放射線治療ができないため職場や住居に近い利便性の高い施設へご紹介させてもらっています。その後の外来治療は当院で責任を持って行なっています。また乳房再建術を希望される方も専門施設へご紹介させてもらっています。
甲状腺癌 甲状腺癌は、消化器癌や乳癌と違ってゆっくりとした成長であることが多く、複雑な手術にならないため当院で手術することがほとんどです。少数ながら、血管や神経、気管支に影響のある場合は、専門病院へご紹介しております。癌と診断されても、完全には治すことのできない進行した段階で見つかることがあります。また、始めから治療を希望されない患者さんがおられます。激しい痛みを伴っている患者さんや十分な食事をとることができない患者さんもおられます。当院では、手術だけでなく、癌に関連したあらゆる問題について総合的に取り組んでおります。そして、患者さんやご家族と一緒にできるだけ希望に近い生活ができる方法を考えます。激しい痛みがあっても、様々な治療法を駆使して、うまく除痛できれば普通に日常生活が送れます。食事が十分とれなくても濃厚栄養食や在宅高カロリー輸液を使えば入院の必要はなくなります。最近は、入院しなくてもできる治療がたくさんありますので、在宅治療を望まれる患者さんやご家族の希望にも最大限ご協力いたします。
胆石症 高度の癒着がなければ、ほとんどの症例で腹腔鏡下手術を行っております。胆のう炎、閉塞性黄疸、膵炎などを合併した場合でも、できるだけ早急にその合併症を治療し、手術、退院できるように工夫しております。合併症のない場合は、たくさんの方が2泊3日くらいで退院されます。
痔疾患 内痔核(イボ痔)、痔裂(キレ痔)、痔瘻(肛門周囲膿瘍)などのあらゆる肛門疾患の治療をしています。
ヘルニア 当院では、術後疼痛が軽く、すぐに日常生活が可能な人工膜(メッシュ)を使った手術を行っています。多くの方が1泊2日で退院されます。また再発ヘルニアの場合は、前回の治療法と違った方法で治療する工夫をしております。
急性虫垂炎 当院では、腹膜炎を合併していない急性虫垂炎の場合は、本人の希望も考慮して治療方針を決定しております。最近では、抗生剤の投与のみで治癒することも多く、また外来治療で十分対処できる場合も多いからです。
腹膜炎 現在でも生死に関わる病状であるため、緊急で手術を行います。しかし、十二指腸潰瘍の穿孔のように、腹膜炎の原因によっては、手術せずに治療しているものもあります。また、腹膜炎は、すみやかに手術をしても、術後に重篤な状況となって集中治療が必要となる場合が多くあります。集中治療には、人工呼吸器や、人工透析を必要としますが、当院ではこれらの機器と治療に精通したスタッフがいるため安心して治療を受けていただけます。

このページのトップへ

 

院長代行
副院長
救急センター長
中河 宏治
なかがわ ひろじ
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
身体障害者福祉法第15条第1項による指定医師
(ぼうこう又は直腸機能障がい)
大阪市立大学医学部臨床教授
趣味 読書
バイオリンの練習
患者さんへ一言 病気や入院生活は、辛いことがいっぱいですが
その中でも前向きに笑顔を忘れずに共々に励まし合っていきましょう
外科部長 大谷 博
おおたに ひろし
医学博士
日本消化器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本外科学会指導医
日本がん治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
身体障害者福祉法第15条第1項による指定医師
(ぼうこう又は直腸機能障がい)
趣味 サッカー
ゴルフ
患者さんへ一言 腹腔鏡手術を得意としています。
皆様よろしくお願いします。
消化器外科部長 埜村 真也
のむら しんや
医学博士
日本外科学会認定医
日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本乳癌学会認定医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者福祉法第15条第1項による指定医師
(ぼうこう又は直腸機能障がい)
趣味 ゴルフ
患者さんへ一言 患者さん一人ひとりに最適な医療を提供できるよう
頑張っていきます
医員 籔本 明路
やぶもと あきみち
趣味 南国旅行
患者さんへ一言 堀江の医療に貢献できるよう頑張ります!!

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ