捻挫は痛い。だけどありがたい。


病院前のなんて事ない道路でなぜか転倒、足首と手首を捻挫してしまいました。このことを聞きつけた大ベテランの看護師がすぐにかけてけてくださって午後休診だった整形外科に連れていってくれました。
すると次の日の準備をしていた外来看護師たちがわーっと寄ってきてくれてテキパキと傷の処置をしてくださって、四方八方から励ましの言葉。
その後も、タオルとアイシングするものを準備してる人や、ロッカーで着替える時に手伝ってくれたり、立つ時に手を持って支えてくれたり。帰りもゆっくりしか歩けない私と共に駅までゆっくり歩いてくれる同僚がいて。

自分の働く病院で受診して、外来看護師たちの判断力や優しさを客観的に体感しました。

帰り道では職場以外の友人たちが駅で待ち構えていてくれて、「自転車押してくから後ろに乗って」とか、「家に家族が使ってた杖があるけど使う?」とか「痛み止め持ってきたよー」「荷物持とうか」これまた四方八方から愛の言葉。ぞろぞろとゆっくり歩いてくれました。

痛かったけど恵まれた人生を実感した1日。あぁほんとうにありがたい。
IMG_2396


にほんブログ村に参加中です!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


看護師ランキング

カテゴリー: ナースの輪 | 捻挫は痛い。だけどありがたい。 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ