救急センター_ACLS勉強会


今日は救急センターの看護師でACLS勉強会を行いました。

救急センターは24時間365日稼働しているので、複数の患者さんに同時進行で関わることもしばしば。
勉強会では1人の患者さんを想定して行いますが、1人の患者さんを確実に対応できなければ、複数の患者さんに関わることは難しい。
とても大切な勉強会です。

知識を一つ一つ増やして体で覚えて、できることを確実に増やしていくことも大切です。


「かわりましょうか」「準備ができました」などリーダーに声をかけることが大切だと思いました。


1つのチームが終ったら、みんなでレビュー。
落ち着いて新たな気づきを得ることができるのは勉強会ならでは。

「こうすればよかったよね」「あの場面ではこれが大事だよね」とディスカッションしました。
胸骨圧迫の条件、その深さは?みんなで確認。

そしてこれがお見本、匠の技を目の当たりにする。

そして次のチームへ。
みんな真剣です。

リーダーが指示をださなくても、それぞれがアルゴリズムを頭に入れて、自主的に動くことが大切だと感じました。

心電図を確認して。

挿管します。

今の時点で何が分かっていないのかが分かれば、ステップアップできるいい機会。

命を救うためにはトレーニングが必要、そう思いました。


にほんブログ村に参加中です!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


看護師ランキング

カテゴリー: ナースブログ, 学ぶナース, 集まれナース, 頑張るナース | 救急センター_ACLS勉強会 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ