皮下注射の練習


この日は各病棟ごとにスタッフへB型肝炎ワクチンを接種する日でした。そこで9階では4月に入職したばかりの1年生に指導も兼ねて接種してもらうことになりました。

実は9階病棟にとっては開設初の1年生です。スタッフ一同はじめての1年生が可愛くて仕方ありません!!(^ω^三^ω^)
さあ!事前に研修を受けたマニュアル通り、出来るかな??
 

このワクチンの投与方法は、皮下注射と筋肉注射の二択です。
筋肉注射はとても痛いので、さすがの先輩ナースもちょっと遠慮しちゃう…(^_^;)

必要量の薬液を吸って、準備を整えて……

「針先まで薬液が満足っているかな??」

先輩ナースの指導を受けながら、一つ一つ主義を確認していきます。

 

 

「消毒する部位は??」

「適切な刺入部は??」

机上の学習と違って、頭では分かっていてもいざ実際にやってみるとなると、緊張してしまうものです(^_^;)
緊張している1年生を、先輩ナースは優しく見守ります。

 

 

そうそう!
そうやって位置を定めるんでしたね!!
位置が定まったらアルコール消毒をして、いざ!皮下注!!

 

 

ゆっくり的確に薬液を投与していきます。
おお!これはなか仲良い感じに出来たんじゃないでしょうか??(^^♪

 

 

無事に終わって、一安心!!
1年生にようやく笑顔が見えました(^^♪
そしてそんな1年生を見て、先輩ナースもついついこの安堵の表情です((^-^))

 

 

しかし最後まで気を抜いてはいけません。
針の処理まで責任をもって!後片付けまでが看護業務です。
細部まできちんと指導を受けて、新しい気づきをし、学び、育っていってください(^^♪

ひとまずは、無事成功おめでとう!!

これからどんな看護師になるのか、今から楽しみな先輩ナース達でした(((^-^)))


にほんブログ村に参加中です!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


看護師ランキング

カテゴリー: ナースの輪, ナースブログ, 学ぶナース, 楽しむナース, 集まれナース, 頑張るナース | 皮下注射の練習 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ