第20回大阪病院学会で口演発表を行いました


2019年10月27日に行われた第20回大阪病院学会(主催: 大阪府私立病院協会)で、当院職員が、以下の通り口演発表を行いました。

当院におけるリウマチ関節エコー検査の取り組み
 藪中幸一、林礼行、古満豊
 (超音波センター・内科)

当院におけるがんのリハビリテーションの効果判定~Bl・PS・cFASを用いて~
 西里希望、芦田正直、金澤壽久
 (リハビリテーション部)

外来透析患者の生命予後に関連する身体機能について
 阪本良太、神田久志、足立泰規、村田篤嗣、芦田正直、金澤壽久、大野良晃、吉本充、松尾智美、疋田英嗣、櫻井真由美
 (リハビリテーション部、腎臓病センター、寿楽会クリニック)

股関節撮影におけるインテリジェントグリッド使用の検討
 鳥越重邦
 (放射線科)


カテゴリー: 新着情報 | 第20回大阪病院学会で口演発表を行いました はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ