新型コロナウイルス感染症についてのご報告(第2報)


当院にて発生しました職員における新型コロナウイルス感染に関し、続報を以下の通り報告致します。

11月27日以降、新規の陽性者は発生しておりません。

大阪市立大学医学部附属病院 感染症内科・感染制御部の先生方の協力を得ながら、感染拡大防止に努めております。これまでの当院の対応についてご報告します。

●発生部署における3回目のスクリーニングPCR検査
最終陽性確認の1週間経過時点にて、発生部署の3回目のスクリーニングPCR検査を実施しました。結果は、すべて陰性でした。

●全職員に対するリスク評価の実施と、中リスク群以上に対するPCR検査
全職員に対し、リスク評価を実施し、中リスク群以上に該当する職員については、PCR検査を行い、陰性の確認をしております。

大阪市の感染状況を鑑みますと、引き続き予断を許さない状況であると考えております。
今後、引き続き関係機関と協力しながら、感染防止に対し対策を強化して参ります。
引き続き皆様にはご迷惑、ご心配をおかけしますが、ご理解、ご協力の程何卒宜しくお願い致します。

                                    社会医療法人寿楽会 大野記念病院
                                    院長


カテゴリー: 新着情報 | 新型コロナウイルス感染症についてのご報告(第2報) はコメントを受け付けていません

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ