腎臓内科
btn_tanto

急性腎炎・急性腎不全などの急性腎臓病および慢性腎炎、急速進行性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎硬化症、膠原病やその類縁疾患による腎障害などの慢性腎臓病の診断と治療・管理に幅広く対応しています。腎障害進展阻止のため徹底した降圧療法、低タンパク食療法をはじめとして、その他リスク因子への集学的治療に取り組んでいます。とくに腎疾患に合併することが多く、その予後を左右する心・血管系、消化器系、整形外科系などの透析合併症にも対応しています。末期腎不全症例には血液透析または腹膜透析を導入し、透析導入後も当院にて継続して維持透析を行うことが可能です。
長期透析症例の予後改善にも力をそそいでいます。以上のように検診でみつかるような軽度の異常から透析まで一貫して腎臓病の治療を行っております。

手足や全身のむくみに気づいたとき
会社健診や学校健診で蛋白尿、血尿などの検尿異常を指摘されたとき
健診などの血液検査でクレアチニン、尿素窒素などの上昇がみられ腎機能障害を指摘されたとき
高血圧・糖尿病・膠原病の治療をうけていて、検尿異常や血液検査で腎機能障害を指摘されたとき


急性腎炎、慢性腎炎、急速進行性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、
腎硬化症(高血圧による腎障害)、膠原病やその類縁疾患による腎障害、
薬剤性腎障害、家族性・遺伝性腎炎、急性腎不全、慢性腎不全 など

腎生検:急性腎炎、慢性腎炎、急速進行性腎炎、ネフローゼ症候群、膠原病などの腎疾患で行う検査です。
   
検査は超音波エコーで腎臓の場所を確認しながら局所麻酔下にて行います。
   
当院では、検査当日入院であれば2泊3日にて検査を行っています。

慢性腎炎・ネフローゼ症候群に対する治療、糖尿病性腎症に対する治療、慢性腎不全に対する保存的治療・血液透析・腹膜透析、その他の疾患としてリウマチに対する白血球吸着、膠原病に対する血漿交換、下肢閉塞性動脈硬化症に対するLDL吸着などの特殊血液浄化療法を行っています。
年間腎生検数:         約50例
外来通院中の慢性腎疾患患者数: 約700例
年間透析導入患者数:      約80例
外来・入院維持透析患者数:   約400例

 

このページのトップへ

 

腎臓病は検尿異常で初めて見付かるなど無症状または極めて軽い症状で始まることが多く、知らないうちに進行して腎不全となることもあります。当科では検尿異常のフォローから原因疾患の診断し、早期の治療・管理を行っています。また疾患が進行した場合には、進展抑制の為に薬物療法や食事療法などの保存的治療を行い、必要時には血液透析または腹膜透析を導入して予後の改善に努めております。
 

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ