病院のご案内






私たちの役割
私たち大野記念病院は、「心のふれあいと安全で質の高い専門医療を通して、人々に最良の癒しを提供する」ことを理念としています。

質の高い医療とトータルケアで健康への願いに応えます

大野記念病院は、「心のふれあいと安全で質の高い医療を通して、人々に最良の癒しを提供する」ことを理念とし、心身両面にわたって患者様に十分ご満足いただける質の高い医療をめざしています。
また人間ドックの「大野クリニック」、企業健診部門の「m・oクリニック」との連携により、予防から治療の一貫体制を築くのみならず、人工透析を専門とする「寿楽会クリニック」、老人ケアを受け持つ「箕面グリーンビィラ」など、トータルライフケアで患者様をお守りする体制を整えています。

専門特化をめざし、チーム医療を推進しています

大野記念病院では専門病外来を設け、グループ内の「大野クリニック」でも脳ドックや肺がんドックを取扱うなど府下でも稀少な検査体制を整えるなど、より広範囲な分野で先進の医療を提供しています。
治療にあたってはチーム医療制を採用。
一人の主治医がすべてを判断するのではなく、看護師・栄養士を含めた多彩な専門分野のスタッフが、それぞれのノウハウ、技術を結集して、患者様を心身両面からサポート、最善の医療を提供しています。

患者様の人間性を尊重し、心のふれあう医療サービスを追求しています

患者様に安心と勇気と希望を与えるため、大野記念病院 権利章典「患者様のために」を制定、患者様のご希望と意志・プライバシーを最大限尊重した医療を行っています。
病気のこと、検査や治療の方法とその危険性、今後の見通しなどについて、理解しやすい言葉と方法でご説明し、十分納得していただけるよう努めるとともに、別の医師の意見(セカンド・オピニオン)をお聞きになりたい場合や、転院される場合にも十分な情報提供を行っています。

地域の医療に誠実に貢献します

大野記念病院はより高度な専門医療を提供できる急性期病院をめざし日々研鑽を続けています。また最先端医療機器を整備した地域中核病院として、地域住民の皆様の生命と健康に貢献したいと考えています。
こうした考えのもと救急センターでの24時間患者受け入れだけでなく、一般外来を充実、予約無しで気軽に来院、ご相談いただけるようにしています。
また、『ふれあい健康講座』などを通じての予防医療推進や、地域医療機関・診療所との連携を積極的に行っています。

入院期間の短縮で、時間と経費の低減に努めています

大野記念病院の各科では、スムーズな検査・治療が可能なように連携、患者様の待ち時間・入院時間を低減しています。
また苦痛の少ない治療をめざし、がんの化学療法や緩和ケアなど先進医療知識・技術の研鑽に努めています。
とくに腎臓疾患については腎不全にならないよう全力を挙げて指導するとともに、透析が必要な場合も腎臓病センターや専門のサテライト施設「寿楽会クリニック」で対応しています。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ