薬剤部部長あいさつ

 大野記念病院薬剤部では、個々の薬剤師が自らのビジョンを持ちながら、常に患者さまのことを考え、専門知識の研鑽と技術の向上を目指して患者様からも医療スタッフからも「求められる存在」となり、安全で質の高い薬物療法を実践するために、医薬品管理や情報提供などを通じてチーム医療に協力しています。

 現在、当薬剤部には、感染、がん、慢性腎臓病、栄養の専門・認定資格を有した薬剤師に加え、当院の診療機能上重要な糖尿病領域に精通した薬剤師が存在し、それぞれの領域で専門知識を発揮してチーム医療の一員として積極的に関わると共に、全ての病棟に各病棟担当の薬剤師が一定時間常駐して、患者様の持参薬を含む薬のトータル管理や薬物療法の有効性の確認、副作用の未然防止など患者様に安心、納得して薬物治療を受けて頂けるように尽力しています。

 近年、病棟常駐業務においては、薬剤師に期待される役割が増え、様々な領域の専門知識が求められる傾向にありますが、その領域に高い専門知識を備えた限られた薬剤師にしか成しえない事も少なくありません。そこで、当薬剤部ではメンターシップ※を応用し、専門薬剤師による病棟薬剤師の支援体制を試みています。個々の薬剤師が自分の専門知識を生かし、互いに適切なアドバイスを行い合うことで生み出される相乗効果を薬剤部の強みとして、さらに質の高い薬物療法の支援に繋げていきたいと考えています。

※メンターシップ
指導者たる「メンター」から受け手の「メンティー」が、指導、支援、保護される関係で、指示や命令によらず、対話による気付きと助言からメンティーの自発的な発達を促す仕組み。

薬剤部のご案内

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ