沿革
大正13年1月 初代院長 大野良蔵が西区南堀江に外科大野病院を開設
(現:大野記念病院 平成元年10月に改称)
昭和5年 木津川分院・港分院を開設
昭和13年 鶴町分院を開設
昭和20年 戦災により全焼
昭和30年 大野良雄 第2代院長に就任
大野癌研究所を開設
昭和44年 整形外科・内科・胃腸科・放射線科を開設
昭和45年 人間ドックを開設
昭和50年1月 医療法人 寿楽会を設立
昭和51年1月 人工腎センターを開設
昭和52年4月 大野良興 第3代院長に就任
昭和57年4月 健康管理センターを開設
昭和60年10月 天王寺区大道に大野病院附属診療所を開設
昭和63年4月 泌尿器科を開設
平成元年10月 現在地へ移転し、大野記念病院へ改称
脳神経外科を開設
中央区難波に大野クリニック開設
平成2年2月 大阪府救急告示医療機関の認定を受ける
平成2年6月 西区南堀江にMOクリニックを開設
平成3年10月 乳腺専門外来を開設
平成4年1月 検診専門外来を開設
平成7年4月 肝臓外来・糖尿外来・胃腸外来を開設
平成8年5月 麻酔科を開設
平成8年8月 箕面市に介護老人保健施設 箕面グリーンビィラを開設
平成11年8月 箕面グリーンビィラが居宅介護支援事業所の指定を受ける
平成15年1月 岡村幹夫 第4代院長に就任
平成15年4月 臨床工学科を開設
検診専門外来を健康増進外来へ改称
平成15年6月 大野病院附属診療所を寿楽会クリニックへ改称
MOクリニックをm・oクリニックへ改称
平成16年1月 病院創設80周年を迎える
平成17年1月 創傷ケア外来を開設
平成17年5月 大野クリニックが中央区難波にて移転拡充
平成17年10月 公益財団法人日本医療機能評価機構から病院機能評価Ver.4.0の認定を受ける
平成17年12月 16列マルチスライスCT装置 SOMATOM Emotion16(ドイツ シーメンス社)を導入
1.5テスラMRI装置 MAGNETON Avanto(ドイツ シーメンス社)を導入
平成18年2月 開放型病院の認定を受ける
平成19年4月 骨折治療センターを開設
平成20年7月 DPC診療を導入
外来がん化学療法センターを開設
平成20年10月 電子カルテを導入
平成21年4月 医療情報課を開設
平成21年7月 亜急性期病床(24床)の認定を受ける
平成21年11月 リハビリテーション科の作業療法部門を開設
平成22年6月 内科 療法選択外来を開設
平成22年10月 公益財団法人日本医療機能評価機構から病院機能評価Ver.6.0の認定を受ける
平成23年 高度治療室(HCU)を開設
平成23年7月 消化器内視鏡センターを開設
平成23年12月 浪速区湊町にハーバータウンクリニックを開設
平成24年2月 骨密度測定装置 Discovery Wi(ホロジック社)を導入
平成24年12月 128スライスCT装置(ドイツ シーメンス社)を導入
平成25年1月 社会医療法人の認可を受ける
平成25年4月 電子案内システム(デジタルサイネージ)を導入
平成25年10月 m・oクリニックが中央区難波へ移転拡充
平成26年1月 病院創設90周年を迎える
平成26年4月 在宅療養後方支援病院の認定を受ける
平成26年11月 障害者病棟(28床)を開設
平成27年6月 地域包括ケア病棟を開設
平成27年11月 山内伸一 第5代院長(現)に就任
平成28年11月 電子カルテシステム 入れ替え
平成28年12月 NBI拡大内視鏡を導入
平成29年4月 リハビリテーション科に言語聴覚療法部門を開設
乳腺科、皮膚科を開設
平成29年5月 血管外科を開設
平成29年9月 整形外科 ナビゲーションシステムを導入
平成30年1月 泌尿器科 ホルミウム・ヤグレーザー、軟性尿管ファイバーを導入
平成30年6月 腎臓病センター i-HDFを導入
平成31年4月 超音波センターを開設
患者支援課を開設
平成31年 大阪府外国人患者受入れ地域拠点医療機関の認定を受ける
令和元年9月 3テスラMRI装置 MAGNETOM Lumina(SIEMENS社製)を導入
令和2年1月 急性期一般入院料1を届出
令和2年4月 稲葉雅章 名誉院長に就任
令和2年5月 内分泌内科を開設

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ