薬剤部紹介

| 業務紹介 | 資格認定 |

業務紹介
【調剤、注射薬調剤】

intro_img1
コンピューター管理された薬歴やカルテを参照し、処方箋に記載された薬の用法・用量や相互作用などについて適切か確認したのち、調剤をおこないます。
さらに、抗がん剤による化学療法では、管理された投与スケジュールの確認もおこなっています。
似通った名前や外観、規格の異なる薬の配置場所を離すなど調剤過誤をおこしにくい環境作りや調剤した薬剤師とは別の薬剤師による監査の実施など危機管理に努めています。
自動錠剤分包機を活用し、患者さんが服用しやすいように一包化(用法ごとに1回服用を1包にまとめる)にも適宜対応しています。

【製剤】

intro_img2
医師の依頼により製薬会社が製造していない薬を調製しています。

【医薬品管理】

intro_img3
日々の医薬品の購入・払出しをコンピューター管理し、薬剤部の在庫管理をおこなっています。
定期的に病棟など部署に配置されている医薬品の品質管理、在庫管理もおこなっています。

【医薬品情報管理】

intro_img4
医薬品が適正かつ安全に使用されるように、医療スタッフや患者さんに情報提供をおこなっています。
また、厚生労働省や製薬会社からの最新の情報、医療スタッフや患者さんからもたらされた医薬品の副作用などの情報を集積・分析して、今後の医療安全に役立てています。

【薬剤管理指導】

intro_img5_1
患者さんの薬歴やカルテを参照し、副作用の有無や薬物治療が適切かどうか確認しています。必要に応じて、医師に疑義照会や処方提案などをおこないます。
また、患者さんのベッドサイドに直接伺い、現在の薬物治療についての説明をおこないます。

【病棟常駐】

intro_img5
当院では全ての病棟において、薬剤師を常駐(土曜、祝日・休日、夜間を除く)配置する体制をとっています。
医師、看護師などに対して医薬品の情報提供を行うほか、カンファレンスや回診などへも参加し、チーム医療の一員として活動しています。

【抗がん剤調製】

intro_img6
医薬品が適正かつ安全に使用されるように、医療スタッフや患者さんに情報提供をおこなっています。
また、厚生労働省や製薬会社からの最新の情報、医療スタッフや患者さんからもたらされた医薬品の副作用などの情報を集積・分析して、今後の医療安全に役立てています。

【TDM(治療薬物モニタリング)】

intro_img7
血液中の薬物濃度を解析して、安全で有効な薬物治療が実施できるように支援しています。
必要に応じて、薬剤の適切な投与方法などを医師に提案しています。

【実務実習】

薬学部の臨床実習を受け入れ、未来の薬剤師を育てるお手伝いをしています。

【チーム医療】

intro_img8
医師、看護師など多職種と以下のようなチームを結成し、薬剤師として薬学的観点から患者さんに安全で適切な医療を提供できるように取り組んでいます。

<チームにおける薬剤師の役割>

■がん化学療法
(在籍:がん薬物療法認定薬剤師1 名)
・抗がん剤の治療計画(レジメン)の管理
・抗がん剤の処方セット登録
・がん化学療法の処方監査
・抗がん剤の無菌調製
・患者さんへの服薬指導
・副作用モニタリングと対応

■緩和ケア
・鎮痛剤や鎮痛補助剤の処方提案
・患者さんへの服薬指導
・副作用モニタリングと対応

■糖尿病
(在籍:日本糖尿病療養指導士1 名)
・糖尿病薬、インスリン製剤などの服薬指導
・インスリンなどの自己注射手技指導
・糖尿病教育入院パスへの参画
・糖尿病教室への参加

■感染制御(ICT)
(在籍:感染制御専門薬剤師1 名、
 抗菌化学療法認定薬剤師1名)

・抗菌薬の処方、投与量提案
・抗菌薬の使用状況の把握
・院内感染防止に関するマニュアルの作成、更新

■栄養輸液サポート(NST
・輸液製剤、経腸栄養剤の処方確認、提案
・輸液製剤、経腸栄養剤と他の薬剤との相互作用
 の確認

資格認定
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1 名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1 名
日本医療薬学会 認定薬剤師 1 名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1 名
日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法認定薬剤師 2 名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1 名
日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師 1 名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 3 名

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ