患者の皆様へ

| 医薬分業について | お薬手帳について | 持参薬について | 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の採用について |
| 透析患者さんへのお薬の注意について

医薬分業について


 当院では、外来患者さんには院外処方せんを発行しています。院外処方箋の有効期限は発効日より4日間です。4日以内に調剤薬局でお薬をもらいましょう。
 また、かかりつけの調剤薬局を決めておくと、複数の病院・診療所から処方された薬の記録(薬歴)を管理し、飲み合わせや重複を確認してもらえます。

お薬手帳について

 お薬手帳とは病院や診療所で処方された薬の名前や飲む量、回数などの記録を残すための手帳です。医師や薬剤師に伝えたいこと、普段使用している健康食品、アレルギー歴、副作用なども記録して、病院や診療所、調剤薬局では必ず掲示するようにしましょう。
 また、お薬手帳は一冊にまとめておくことで、複数の病院・診療所から処方された薬が重複していないか、飲み合わせに問題がないかの確認を行ってもらえます。

持参薬について

 入院される時は、必ず今お飲みの薬をすべてお持ちください。お薬手帳またはお薬の飲み方が記載された袋や説明書も持ってきてください。入院時にお持ちいただいたお薬がなくなれば、当院採用のお薬に切り替わります。持参薬がなくなっても、入院中に勝手に他の病院・診療所へお薬をもらいに行かないでください。他の病院・診療所での診察が必要な時は、こちらから声をおかけします。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の採用について

 当院では、患者さんや国民全体の医療費の負担の低減を考慮して、後発医薬品も採用しています。
 後発医薬品の採用に当たっては、医薬品の品質、製造販売会社の供給体制や情報提供体制に問題がないか確認したうえで、安全性の高いと判断したものを選択しています。
 なお、院外処方で後発医薬品を希望される場合は、受診時に主治医にご相談ください。調剤薬局では、全ての後発医薬品を取り扱っているわけではありませんので調剤薬局の薬剤師と相談した上でお決めください。

透析患者さんへのお薬の注意について

 透析患者さんでは、通常より量を減らさないといけないお薬があります。病院へ行かれてお薬をもらう場合や薬局で一般薬を購入される場合などは、透析をされている事を医師、薬剤師へお伝え下さい。

コメントは受け付けていません。

このページのトップへ